しあわせもの工房 / SHIAWASE MONOKOBO

MAGOボタン

ボタン一つで誰でも簡単に家族にメッセージが送れるコミュニケーション機器


MAGOボタンのプレス記事(ValuePress)
しあわせもの工房では、誰でも簡単に家族にメッセージが送れるコミュニケーション機器として、マゴボタン(MAGO Button)を開発しました。


【開発の背景】
高齢者でもボタンひとつで簡単に、家族とコミュニケーションがとれるような機器が求められております。 介護を必要としない高齢者であっても、高齢者と離れて暮らす家族は、何かと心配が絶えません。 スマートフォンを活用したコミュニケーションが毎日できれば、その限りではありませんが、 IT機器の操作は高齢者にとってハードルが高い場合があります。また、緊急時に、複数の家族にメッセージを送るといった操作は、 IT機器に慣れていないと一層難しいものです。このような背景からマゴボタンは開発されました。


「MAGOボタン®を押すとLINE通知」といった使い方が出来ます!

高齢者と離れて暮らす家族は、何かと心配が絶えませんよね。
MAGOボタン®を活用することで、LINEを使うことのできないお年寄りが、ボタンひとつで簡単に家族へメッセージを送れるようになるのです!
スマホが使えないおばあちゃんから、メッセージが届いたら嬉しいですよね!

【マゴボタンの機能紹介】
 マゴボタンとは、ボタンひとつで誰でも簡単に家族にメッセージが送れるIoT機器です。スマートフォンに不慣れな高齢者や、通信機器を持っていない子供でも、簡単に使うことができます。1つの家庭に複数台が置かれる運用シーンを想定しています。そのため、通信機能や音声応答機能を備えながらも、低コストを実現する設計になっております。

イメージPV

【機能のポイント】
1. 今ある通信インフラ(Wi-Fi)を活用してインターネット接続
Wi-Fi経由でクラウド上のMAGOプラットフォーム(※1)に繋がるため、増設した場合でも個別の通信費は発生しません。 また、インターネットが導入されていない環境では、別売のIoTゲートウェイを配置いたします。IoTゲートウェイには、 複数台のMAGOButtonを接続することができますので、スケールアップが容易です。

2. LINE BOTと連携。ボタンを押したらメッセージを一斉配信
ボタンを押下すると、メールアドレス宛およびLINEグループ宛に対して、メッセージが一斉配信されます。 メッセージの内容は、ボタンを押した回数や、間違って押した際など、任意に登録出来ます。LINEグループで受け取った場合には、 メンバ間でのトークが直ぐに開始出来ます。LINEグループへの投稿や、グループトークの結果をボタンに通知するのは、LINE BOTであるMAGO BOT (マゴボット)が行います。

3. 音声再生機能
ボタンの押下検出時や、家族からの応答内容を音声パターンで通知します。また、メモリーカードに入れたBGMも再生も出来ますので、録音した家族の声で応答することも可能です。

4. 環境センサによるちょっとして見守り機能
人感センサ、ジェスチャーセンサ、照度センサ、温湿度・気圧センサ(オプション)を内蔵し、人の動きと環境情報を同時にセンシング。モニタリングに必要な各種環境センサと、 通信機能がボタンスイッチと一体になるため、センサの追加設置に関わるコストが抑えられます。 モニタリング結果は、サーバー上のデータベースに蓄積されると共に、モニタリング結果の変化に応じ、家族がリアルタイムに通知を受け取ることが出来るようになります。

MGAOクラウド

本製品は受注生産になります。お客様に合わせた仕様のカスタマイズも承ります。 ​下記のボタンを押してフォームにてお問合わせください。

本体仕様・貴社アプリとの連携・サービス全般のお問合せはこちら

※記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。
※1:IoT機器の管理や情報の集約を行うアプリケーションサーバーです。クラウド上に配置されております。

ボタンひとつで声を届けるIoT機器
~マゴスピーカー(MAGOスピーカー)~


マゴスピーカーのプレス記事(ValuePress)
マゴスピーカーは、ボタンひとつで誰でも簡単に声を届け、相手の声を受け取れるIoT機器です。
LINE BOTとの連携機能があり、マゴスピーカーとLINEアプリ間で、音声メッセージでのやり取りができます。

【活用事例】
・遠隔での音声配信(地域情報、天気予報、呼びかけ、等)と音声での回答
・家族と高齢者とのコミュニケーション
・老人ホームの高齢者と福祉団体/家族とのコミュニケーション

録音済み音声ファイルの受信にも対応!
人の声で録音したニュースや天気予報、地域情報等を、複数のマゴスピーカーで遠隔かつ一斉にアナウンスするシーンへの活用も期待できます。

イメージPV

【マゴスピーカーの基本機能】

マゴスピーカー・システムイメージ

音声メッセージのやり取り(マゴスピーカーとスマートフォン)

マゴスピーカーは、ボタンひとつで簡単に声を届けることができ、相手の声を受け取ることのできるIoT機器です。スマートフォンに不慣れな高齢者や、通信機器を持たない子供でも、簡単に使うことができます。従来のマゴプラットフォーム(※1)とLINE BOTとの連携機能を引き継ぎ、マゴスピーカーとスマートフォンのLINEアプリとの間で、音声メッセージのやりができます。なお、専用アプリ(※2)を利用することで、LINEを介さずに、スマートフォンとやり取りすることも可能になります。

【マゴスピーカーの特長】

マゴスピーカーの特徴

マゴスピーカーの特長とUI
1. 便利機能
録音した音声メッセージはLINEアプリのグループ内に投稿され、メンバがLINEグループに投稿すると、マゴスピーカーで再生されます。LINEアプリを介さず、専用アプリを使うことも可能です。

2. 簡単操作
マイクボタンを押しながら話すだけで、音声メッセージの録音と送信が行えます。聞き逃した音声のリピート機能「聞くボタン」があります。

3. のんびり屋対応
電話のように相手に拘束されず、不在でも音声メッセージが届きます。焦らず自分のペースでのやり取りが可能です。


【仕様のポイント】
1.LINE BOTとの連携、音声メッセージの一斉配信機能
マゴスピーカーとLINE BOTを連携させると、音声メッセージがLINEグループ宛に送信されます。グループメンバがLINEアプリの音声メッセージ機能を使って投稿すると、LINEグループに登録されたマゴスピーカーへ、音声メッセージが一斉配信されます。「一対一」「一対多」「多対多」など、様々な組み合わせで配信が可能となります。

2.音声ファイルの受信と再生機能
LINEアプリや専用アプリから送信した音声ファイルの受信に対応しています。人の声で予め録音したニュースや天気予報、地域情報等を、複数のマゴスピーカーで一斉にアナウンスするシーンへの活用が期待できます。

3.今ある通信インフラを活用
Wi-Fi経由でクラウド上のマゴプラットフォーム(※1)に接続されます。マゴスピーカーを増設した場合でも、マゴスピーカー個別のインターネット通信費は発生しません。また、インターネットが導入されていない環境では、別売のゲートウェイを設置いたします。ゲートウェイには、複数台のマゴスピーカーや、見守りカメラ等のWi-Fi機器を接続することができますので、スケールアップや機能拡充が容易です。

4.環境センサによるインタラクティブ機能
「人感センサ」を内蔵しております。人の動きを検知し、人が来たら音声メッセーを通知したり、人の有無をスマートフォンに通知したりと、インタラクティブな機能の実装が可能です。

5.オンラインアップデート機能
サーバー経由でのアップデートに対応しております。マゴスピーカー内部のソフトウェアは、手動でのボタン操作によってアップデートされます。


【主な仕様】
ユーザーインターフェース: マイク、スピーカー、人感センサ、押しボタンスイッチ、LEDランプ
本体寸法: 縦90mm×横90mm×高さ70mm (ケーブル部除く)
Wi-Fi仕様: IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)、クライアント/AP対応
電源仕様: USB電源供給 (5.0V 最大500mA)
オンラインアップデート: 対応
主な付属品: 電源コード、ACアダプター
※本製品仕様は予告なく変更となる場合があります。
※記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。
※2:IoT機器の管理や情報の集約を行うアプリケーションサーバーです。クラウド上に配置されております。

本製品は受注生産になります。お客様に合わせた仕様のカスタマイズも承ります。
​下記のボタンを押してフォームにてお問合わせください。

本体仕様・貴社アプリとの連携・サービス全般のお問合せはこちら

※記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。
※本ウェブサイトの情報を活用する際には、
弊所が定める免責事項およびプライバシーポリシーを十分ご確認ください。

© Copyright 2019 SHIAWASE-MONOKOBO.